平尾モータースポーツクラブ

TOYATA GAZOO in木曽

ウインターラリーin大館

JMRC全国オールスターラリーフェスティバル in 四国

横手ラリー2016[2016.10]

第33回ベルナールサマーラリー イン 浅虫[2016.09]


TOYATA GAZOO in木曽


 
4月23日

今回はタイトルにある通り長野県まで行って、TOYOTAのGAZOOに参戦してきました。
その様子を、今回は動画をメインでまとめてみました。
興味のある方は見て下さい。



TOPへ





ウインターラリーin大館


 
1月28日

秋田は大館市のウインターラリーに参加して参りました。
再びスライドショーを作りましたので見てやって下さい。もちろん音声付きです。



特典映像

レースに参加された方から提供して頂いた映像です。
迫力満点の映像をご覧下さい。
(音量注意)

TOPへ




JMRC全国オールスターラリーフェスティバル in 四国


 
11月18.19日

四国のラリーに参加してきました。
その模様をスライドショーでご覧下さい。
(音声付き)



TOPへ




横手ラリー2016[2016.10]


横手01横手02  
10月15日

レース前日の走行練習は前年度のコースを使用しました。

今回のコースは、極悪路の道路幅4m位のコースで本当に先の見えない様子です。当然目視では速く走ることが出来ないのでコース下見(レッキ)を行います。そして、スタートからゴールまでの「ペースノート(*3)」を作ります。このペースノートをコ・ドライバー(*1)に読み上げて頂きながら走ります。

この部分のチームワークが非常に重要で、左右や角度を言い間違う、聞き間違う状況になれば想像するだけでお分かりになるでしょう。しかし、この部分がラリーに参戦していて一番楽しくもあり難しい所でもあります。

今回の様な砂利道林道は、コーナーの度に車体が流れるのでコントロールが難しく、直ぐに同じコースを走っても前回とコース状態が変化するので、臨機応変な走行が求められます。
舗装路と非舗装路の走り方(ライン取り)が全く違うので、テクニックを磨き上げなければならないと痛感した一日でした。。



10月16日

レース当日です。

今回のレッキ(*4)は2回あり、1回目はペースノート作成を行い、2回目は全開で走行しました。

そして、いよいよラリースタートです!
SS1・SS2・SS3と順調に走行しておりましたが、SS4の中盤で車をスタックさせてしまい、自力で脱出することが出来ず無念のリタイアになってしまいました。
非常に悔しい思いをしました。

最初フラットだった道路がSS4の時には深いワダチが出来ており、スタートから車体の底が道路に付いたまま走行していた事が原因であると思います。
結果、今回のレースは私達含め、7台のリタイア車が出ました。

次回のレースはしっかり準備をして好成績でフィニッシュしたいですね。

・・・・・・・・・・・・・
11月9日〜11月20日
第11回JMRC全国オールスターラリーフェスティバル『ラリーin四国・高知・大豊』



TOPへ




第33回ベルナールサマーラリー イン 浅虫[2016.09]


ヴィッツ   浅虫2

9月10日

レース前日。

明日の本戦で使用されるグラベル(未舗装路)での練習は雨の中止になり、代わりに青森のミニサーキット場で練習走行が行われました。

サーキット走行(マータック舗装路)の練習ではベストタイムを叩き出す為、新品のマータック専用タイヤを3部山までタイヤブロックを減らし、フロントとリアのショックアブソーバーの硬さを変えて車のロールや挙動修正を行いました。

グラベル(未舗装路)で行う予定だったダート走行の練習は叶わず、レース本線の成功に懸けるしかなかった。
レースのポイントなる走行であったので、不安が残ったまま当日を迎える事となりました。



9月11日

レース当日。

快晴で気温は25度。この時期に気は珍しく熱い日でした。

心地よい緊張の中、いよいよラリースタートです!

素晴らしいコ・ドライバー(*1)のリードで決められたタイムの中でSS(*2)1に到着。
SS1・SS2はサーキット走行の区間であった為、前日の練習通りアクセル全開で良い走りが出来ました。
SS3・SS4はダート走行の区間であり、手探りの中で挑みました。
イメージ通りの走行とはいきませんでしたが、リタイアする車がいる中、完走出来ました。

順位は多くの方の協力もあり、1位を頂く事が出来ました。
トータルタイムが0.01秒差で順位が入れ替わる方がいる中でのこの結果は、筆舌に尽くしがたい喜びでした。

モータースポーツの楽しさを改めて感じた一日となりました。



TOPへ





【注釈】

*1:コ・ドライバー
ドライバーをアシストする人。ナビゲーターとは言わない。いかに効率よくコースを回れるかは彼らの腕次第。
ペースノートといわれる、コースの様子を書いたノートを読み上げていくことでドライバーは速く走れる。

*2:SS(スペシャルステージ)
ラリースタートからラリーフィニッシュまでのルート上には、タイムトライアル区間が複数設定されます。これを「SS(=スペシャルステージ)」と呼びます。
このSSを全開アタックした走行タイムの合計でラリーの勝敗が決まります。

*3:ペースノート
全てのコーナーやストレートの角度、距離、危険ポイントなどを記したノート

*4:レッキ
ラリーに使われる道路を事前に試走すること。

TOPへ



Window Close

HIRAO MOTOR SPORTS CLUB


Copyright (C) HIRAO CORPORATION All Rights Reserved.